CBD H2Oの効果とは?

もっとも馴染みの深いカンナビノイドの1つ「CBD」。最近ではH2Oなるものが登場してきました。

CBD H2Oとは?

世界初の製法で抽出されたのが「CBD H2O」です。

カンナビノイドの1つでカンナビジオールの略称であるCBD。ドンキにも置かれているものの、原料は海外から輸入されています。

日本でヘンプ・HEMPの栽培は違法だからです。実際に、CBDと表記されていても個人で仕入れるのはリスクが伴います。

個人輸入販売・輸入代行とかいった言葉は聞いたことがあるかもしれません。

卸業者の中には「やばい(違法かどうか関係ない)製品を販売して儲けたい」という輩も確実に存在しています。個人で取りよせる以上は厚生労働省に守ってもらうことができません。

アメリカでは禁止されてないけれど、日本では販売許可が下りておらず販売停止されている成分も多数あります。

卸価格の安さを目当てに、酒の代わりと気軽に何でもかんでも取りよせてると、粗悪品を掴まれる可能性は否定できません。

CBDと言えど危険性あり。実は抽出法から気に掛けておいた方がいい。

種類がある中でCBD H2Oは最も最新で安全性の高い抽出法というわけです。世界初ということもあり、世界中が注目しています。

どういった抽出法なのでしょうか。

どんな抽出法?

通常、日本で販売されているCBD H2Oは、USDAを取得しています。溶媒を一切使用することなく、水のみで抽出されたものです。

他の抽出方法もあって、それぞれにメリットデメリットありますが、実は我々利用者のみならずヘンプ製品製造に関わる従業員らも、危険と隣り合わせで業務に携わっている実態があります。

より安全に安心に作れるようにしたいとの思いから生まれたのがCBD H2Oです。原料となるのは無農薬栽培されたヘンプです。

製造所・製造工程共に、すべてがオーガニックの条件を満たしている。だからこそ、米国農務省のオーガニック認証であるUSDA取得を成しえたのです。

「ヘンプからのCBDの作り方なんて関係ない」と思う人もいるかもしれません。

H2Oアイソレートは、今や化粧品に食品・サプリメントとさまざまな分野で注目されるようになっています。

高品質にして安価。H2Oアイソレートは今後も違法となることはないでしょう。

むしろCBD製品の人気度ランキング上位に挙がる製品の原料いずれもが、CBD H2Oとなっていく未来さえ想像できてしまうくらいです。

アイソレートパウダーが安価にヘンプより分離できるのですから、グミ・リキッド・ジョイント・ワックスなど製品価格も安くもっと身近になりそうです。

CBD H2Oの効果は?吸うとどうなるか

リキッドは電子タバコ・VAPE・ベイプで気化し水蒸気が口や鼻から吸いこまれ、体内にとり入れられます。

オイルは肌に塗ったりドリンクに混ぜたりといった使い方もあり。

セックスで利用しても良いのですが、陰部に塗ればより気持ちいいってわけではありませんよ。

より高い効果を得るためにも、使い方・吸い方には注意していただきたいのですがH2OアイソレートならCBDが更にキマる効果が強いので、誰にでもおすすめってわけではありません。

むしろ効果ないって口コミが増えるのかも。THC検出限界が従来の2000分の1となっているのです。

実はブロードスペクトラムといってフルスペクトラムからTHCの成分を取り除いたものが日本では主流として出回っているのですが、実際にはいくらかはTHCが溶け込んでしまっているのです。

同じヘンプという原料から取り出すのですから当然です。

税関などでも、THCは100パーセントシャットアウトってことではなく100g中どれだけ・1㎏中どれだけまでならOKっていう最低ラインが決まってるわけです。

でも体質によっては、効きすぎたり副作用・依存性に苦しめられたりってあり得るわけで心配ですよね。

CBD H2Oをぜひお試しください。

原料の抽出方法

代替として生まれてきたのが水のみで抽出するという方法。

でも世の中に出まわっているCBDパウダーとは、まだCO2超臨界抽出・あるいはエタノール抽出で結晶化され、溶かすことで製品として出回っているはずです。

より安全性の高いのはCO2・二酸化炭素を使用しての抽出法。水と同じく我々の周りに当たり前にあります。

低温抽出が可能、30度ほどが臨界温度なのです。コーヒーからカフェインを抽出したり、実は食品とは深い関りを持っていたりするのです。

古くから行われたのがエタノール抽出。FDAも安全な食品添加物であるとエタノールを認めてきました。

でもエタノールって爆発の危険性もあったりするワケですよね。

だからこそ、H2Oアイソレート開発者であるZachWhite氏は新たな抽出方法を開発しなければと模索を始めることになったのです。

今、CBD H2Oパウダーは、10g7000円ほどと手軽に手に入るようになっています。

パウダー状で無味無臭なので汎用性も高い。

カルピスウォーターや炭酸水に混ぜて飲み直腸からとり入れるもよし、タバコに混ぜるもよし、ヘンプリキッドに混ぜて吸引するもよし。

普通のCBDと同じく、摂取量や濃度に気をつけながらとり入れましょう。結晶化したら湯煎にかけたら良いだけ。使い方は一緒だけれど安心感が違います。

 

(Visited 63 times, 1 visits today)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP

THCH 50%×ライブレジン入荷!

レクリエーション感の強いTHCHに、テルペンのリフレッシュ感をプラスしたTHCH×ライブレジンが入荷しました。
THCH×ライブレジンの詳細